2018.12.30 23:10

チェルシー、カンテ弾で連勝…好調パレスは1点に泣く

チェルシー、カンテ弾で連勝…好調パレスは1点に泣く

チェルシー、カンテ弾で連勝…好調パレスは1点に泣く

チェルシー、カンテ弾で連勝…好調パレスは1点に泣く【拡大】

 プレミアリーグ第20節が30日に行われ、クリスタル・パレスとチェルシーが対戦した。

 ともにロンドンを拠点にするチーム。ここ3試合負けなしで、前々節にはマンチェスターCを撃破したクリスタル・パレスがホームでライバルを迎え撃つ。そのチェルシーはエデン・アザール、オリヴィエ・ジルー、ウィリアンらが先発した。

 立ち上がりからポゼッションを高めるチェルシーは、ジョルジーニョの球出しを中心に中央からの突破を試みる。一方のパレスは好調の攻撃陣が鋭いカウンターを繰り出し、パンチを返していく。

 なかなかゴールをこじ開けられないチェルシーはセットプレーから違いを作る。ウィリアンの直接FKがポストを叩くと、直後のコーナーキックではロス・バークリーがアクロバティックなボレーで狙う。しかし、こちらも左ポストに弾かれ、待望の先制ゴールは生まれない。

 それでも、後半に入るとついにスコアが動く。持ち上がったダビド・ルイスが浮き球のパスがDFの裏へと出ると、飛び出したのはヌゴロ・カンテ。ワントラップから左足を振り抜くと、ボールはGKの手をかすめながら、ゴールへと吸い込まれた。

 しかし、チェルシーにアクシデント。オフサイドながらこの日2度ネットを揺らし、前線で起点となっていたジルーが負傷でピッチを後に。パレスが交代策で攻勢をかけ始めたこととも合わさり、ペースはホームチームへ。ロングボールを放り込んでシュートまで持ち込むパレスだが、あと一歩のところで枠内に飛ばず。

 結局、チェルシーが1点を守りきり、1-0で勝利した。チェルシーは2連勝となっている。1点に泣いたパレスは4試合ぶりの黒星となった。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. チェルシー、カンテ弾で連勝…好調パレスは1点に泣く