2018.12.19 18:52

キンチョウスタジアムは大晦日まで C大阪がネーミングライツパートナー協定満了を発表

キンチョウスタジアムは大晦日まで C大阪がネーミングライツパートナー協定満了を発表

キンチョウスタジアムは大晦日まで C大阪がネーミングライツパートナー協定満了を発表

キンチョウスタジアムは大晦日まで C大阪がネーミングライツパートナー協定満了を発表【拡大】

 セレッソ大阪は19日、長居球技場のネーミングライツパートナー協定が満了することを発表した。

 同球技場は「キンチョウスタジアム(金鳥スタ)」の愛称で親しまれていたが、2018年12月31日をもって、ネーミングライツパートナーである大日本除虫菊株式会社との通算8年5カ月に渡るパートナー協定期間が満了となることが決定した。長居球技場を運営してきた大阪市も19日に発表している。

 金鳥スタは2019年1月より2年間の改修工事に入るため、9月14日の明治安田生命J1リーグ第26節・ジュビロ磐田戦をラストゲームの予定としていた。しかし、9月30日に台風24号の影響で中止となった第28節・名古屋グランパス戦の代替試合を11月6日に金鳥スタで開催。同ゲームが改修前、そして「キンチョウスタジアム」としての最後のゲームとなった。

 なお、今後の施設愛称については現時点で発表されていない。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. キンチョウスタジアムは大晦日まで C大阪がネーミングライツパートナー協定満了を発表