2018.12.16 01:00

第1節レアル戦以来の先発果たした柴崎、巧みな飛び出しでヘタフェの決勝点を導く!

第1節レアル戦以来の先発果たした柴崎、巧みな飛び出しでヘタフェの決勝点を導く!

特集:
柴崎岳
第1節レアル戦以来の先発果たした柴崎、巧みな飛び出しでヘタフェの決勝点を導く

第1節レアル戦以来の先発果たした柴崎、巧みな飛び出しでヘタフェの決勝点を導く【拡大】

 15日のリーガ・エスパニョーラ第16節、ヘタフェは本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのRソシエダード戦を1-0で制した。MF柴崎岳は先発出場を果たし、68分までプレーしている。

 リーガでは第1節Rマドリード戦以来となる先発出場を果たした柴崎。左サイドハーフで出場した同選手は、キックオフ早々にチームに貢献した。3分、柴崎が巧みに最終ラインを突破して滑り込みながらシュートを放つと、これは眼前のGKモジャに弾かれる。しかし、そのこぼれ球を拾ったホルヘ・モリーナがネットを揺らした。

 柴崎はその後も、左サイドで存在感を示し続けた。前線から積極的にプレスを仕掛け、後方でも果敢にボールを奪いに行き、さらに速攻の起点になろうとするなど、堅守速攻を得意とするヘタフェの一選手として見事に振る舞っている。

 しかしソシエダが攻勢を強めた後半、柴崎は前半のような存在感を見せられず、68分にMFポルティージョとの交代でピッチから下がることになった。ヘタフェは結局、ソシエダの猛攻を最後まで凌ぎ、虎の子の1点を守りきっている。

 2試合ぶりの勝利を収めたヘタフェは、勝ち点を24として暫定で5位に浮上した。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 第1節レアル戦以来の先発果たした柴崎、巧みな飛び出しでヘタフェの決勝点を導く!