2018.12.11 19:30(1/8ページ)

12日にアジア杯の日本代表メンバー発表…23人の当落を予想!サプライズ枠は?

12日にアジア杯の日本代表メンバー発表…23人の当落を予想!サプライズ枠は?

12日にアジア杯の日本代表メンバー発表…23人の当落を予想!サプライズ枠は?

12日にアジア杯の日本代表メンバー発表…23人の当落を予想!サプライズ枠は?【拡大】

 森保一監督体制となって初の公式大会となるアジアカップ2019制覇を目指すサムライブルー。『Goal』では、2011年以来2大会ぶり最多5度目の優勝に向けたメンバー発表を前に、開催地UAE行きの切符を手にする23名を徹底予想する。今回は、アジアカップでも現地取材を予定しているサッカージャーナリストの河治良幸氏に代表メンバー当落の行方を占ってもらった。

 【森保体制下での日本代表成績(4勝1分)】※カッコ内は日本の得点者

  9月11日 コスタリカ戦 ◯ 3-0(OG、南野、伊東)

 10月12日 パナマ戦    ◯ 3-0(南野、伊東、OG)

 10月16日 ウルグアイ戦 ◯ 4-3(南野×2、大迫、堂安)

 11月16日 ベネズエラ戦 △ 1-1(酒井宏)

 11月20日 キルギス戦   ◯ 4-0(山中、原口、大迫、中島)

 【GK予想=招集予想3名】

 当確◎:東口順昭(ガンバ大阪)

 当確◎:権田修一(サガン鳥栖)

 有力〇:シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

 微妙△:西川周作(浦和レッズ)

 サプライズ☆:中村航輔(柏レイソル)

 森保ジャパンがスタートしてから3回の招集で常に選ばれている東口、権田、シュミット・ダニエルの3人が、ほぼ鉄板と見ていいだろう。アジアカップは第一に結果が求められる大会ではあるが、敗退したら終わりという最終予選とは違い、選手に国際経験を積ませる側面もある。

 これまでは、東口が2試合、権田が2試合、シュミットが1試合で起用されている。おそらく東口が一番手だが、権田のゲームコントロール、シュミットの組み立てという強みもあり、誰が開幕戦でゴールマウスを守ってもおかしくはない。

 サプライズ枠は脳震盪から復帰した中村としたが、代表でリスクを負うタイミングではなく、かなり確率は低いと見る。それよりは天皇杯で健在を示した西川の方が可能性は高いと見るが、先のことも考えてシュミットは残すのではないか。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 12日にアジア杯の日本代表メンバー発表…23人の当落を予想!サプライズ枠は?