2018.12.9 07:35(1/2ページ)

ついに無敗ストップ!チェルシー2発でマンC撃破

ついに無敗ストップ!チェルシー2発でマンC撃破

ついに無敗ストップ!チェルシー2発でマンC撃破

ついに無敗ストップ!チェルシー2発でマンC撃破【拡大】

 現地時間8日、イングランド・プレミアリーグは第16節が行われ、首位マンチェスターCは敵地スタンフォードブリッジでチェルシーと対戦した。

 リーグではいまだ無敗で首位を快走するシティに対し、チェルシーは11月末にトットナムに敗れて今季初めて土をつけられると、前節はウルバーハンプトン・ワンダラーズ相手にまさかの2敗目。これ以上、シティとリバプールに離されるわけにはいかないチェルシーにとっては、今シーズンの優勝戦線に残れるか否かの重要な一戦といえた。

 ともにボールポゼッションをベースとしたサッカーを志向するジョゼップ・グアルディオラ監督とマウリツィオ・サッリ監督の知将対決にも注目が集まったこの一戦。立ち上がりの主導権を握ったのはアウェーのシティだった。

 9分、チェルシーの中盤のキーマンであるジョルジーニョからフェルナンジーニョがボールを奪い、ラヒーム・スターリングがドリブルで持ち上がる。左サイドに開いたダビド・シルバからの折り返しをゴール前でスターリングが合わせるも、これは力なくGKケパの正面。負傷によりセルヒオ・アグエロを欠くシティの前線で、本職のガブリエウ・ジェズスをおさえてトップに起用されたスターリングが早くもチャンスを作り出す。

 その後もシティの連動したプレッシングを前にチェルシーは普段通りのパス回しができず、我慢の戦いを強いられる。32分には、右サイドを突破したスターリングの折り返しを、ファーサイドでフリーとなっていたリロイ・サネがシュートを放つもDFがブロックした。

 チェルシーがこの試合最初のシュートを放ったのは前半終了間際の45分まで待たなければならなかったが、最初のシュートをゴールへと結びつける。ダビド・ルイスからのロングフィードを右サイドに開いていたペドロが受けてさらに逆サイドのウィリアンへ展開。ウィリアンのペナルティーエリア左からの折り返しは跳ね返されるが、拾ったアザールがエリア内左から折り返すと、ペナルティーエリア中央に走り込んできたヌゴロ・カンテが押し込んで守勢の続いていたチェルシーが均衡を破る。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. ついに無敗ストップ!チェルシー2発でマンC撃破