2018.12.7 05:03(1/2ページ)

中島、プレミア移籍へ!ウルバーハンプトン移籍金26億円で

中島、プレミア移籍へ!ウルバーハンプトン移籍金26億円で

特集:
中島翔哉
ポルティモネンセの中島(ゲッティ=共同)

ポルティモネンセの中島(ゲッティ=共同)【拡大】

 ポルトガル1部・ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)が、イングランド・プレミアリーグへ移籍する可能性が出てきた。複数の欧州メディアが6日、ウルバーハンプトンへの移籍交渉が最終段階に入ったと報じた。スペイン1部のセビリアなど複数のクラブが興味を示した日本の若き10番について、来年1月から始まる今冬の移籍市場での動向が注目される。

 新天地は世界最高峰のプレミアリーグか。ポルトガル紙「ア・ボラ」や英紙「デーリー・メール」など複数のメディアが、日本代表MF中島の移籍について詳細に報じた。

 「ウルバーハンプトンはストライカーの中島翔哉をポルティモネンセから獲得する交渉の最終段階に入っている」

 現所属チームとの契約は2020年まで。移籍金は約4000万ユーロ(約52億円)とされていたが、ア・ボラ紙は「移籍金は約2000万ユーロ(約26億円)で(ウルバーハンプトンは)いつでも払う準備がある」と伝え、金銭面での壁もクリアしているようだ。

 代表と同様、所属チームでも10番をつける中島は今季、ここまでリーグ戦10試合に先発し5得点。海外挑戦2年目でチームの中心として申し分ない働きを見せてきた。9月にはリーグの月間MVPに選出されるなど、その実力は誰もが認めている。

 それに目をつけたウルバーハンプトンは今季、7季ぶりにプレミアリーグに昇格し、ここまで15試合で5勝4分け6敗の12位。16年にクラブを買収した中国の投資グループ「復星集団」の豊富な資金力を駆使し、今夏の移籍市場ではベルギー代表MFレアンデル・デンドンケルを獲得するなど積極的な補強を行った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 中島、プレミア移籍へ!ウルバーハンプトン移籍金26億円で