2018.12.4 19:10(1/5ページ)

監督としての歩みを進める元ドイツ代表DF、現役“生徒”が明かすDFB監督養成コースの今

監督としての歩みを進める元ドイツ代表DF、現役“生徒”が明かすDFB監督養成コースの今

監督としての歩みを進める元ドイツ代表DF、現役“生徒”が明かすDFB監督養成コースの今

監督としての歩みを進める元ドイツ代表DF、現役“生徒”が明かすDFB監督養成コースの今【拡大】

 元ドイツ代表DFであり、シュツットガルトでもプレーしていたアンドレアス・ヒンケルは、タイフン・コルクト監督解任に伴い、突如“暫定監督”として現場へ出ることとなった。その後、シュツットガルトにはマルクス・ヴァインツィール監督が正式に就任し、現在ヒンケルは再びプロリーグの監督ライセンスを取るための勉強に打ちこんでいる。

 そんな中で『Goal』が注目したのは、ドイツサッカー連盟(DFB)が進める監督養成コースについて。ドメニコ・テデスコ、ユリアン・ナーゲルスマンら数多くの優秀な指揮官を生み出してきたコースでは、どのような講義が行われているのだろうか。

 まさに現在進行系で学び続けるヒンケルが、監督養成コースの“今”を語る。一方で、再び現場に立つ決心が「はっきりとはしていない」とする理由も明かした。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 監督としての歩みを進める元ドイツ代表DF、現役“生徒”が明かすDFB監督養成コースの今