2018.12.2 23:12

レアルに0-2敗戦のバレンシア 指揮官、前半の失点に「チームが無気力だったとは思わない」

レアルに0-2敗戦のバレンシア 指揮官、前半の失点に「チームが無気力だったとは思わない」

レアルに0-2敗戦のバレンシア 指揮官、前半の失点に「チームが無気力だったとは思わない」

レアルに0-2敗戦のバレンシア 指揮官、前半の失点に「チームが無気力だったとは思わない」【拡大】

 1日のリーガ・エスパニョーラ第14節、バレンシアは敵地サンティアゴ・ベルナベウでのRマドリード戦を0-2で落とした。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は試合後、先制点を許すなど、マドリーの支配を許した前半の内容に対して憤りを露わにしている。

 「前半はマドリーよりも下だった。彼らがマドリーであることは頭に入れなければならないが、とても早い段階で失点を許してしまった。私たちがもっと違うレベルのプレーを見せなければいけなかったことは明白だ」

 「私たちは後半を素晴らしいものとした。が、それでも十分ではなかった。引き分けに追いつく明確なチャンスが4回はあったのだが。前半の私たちは能力を発揮できず、一方で後半は引き分けに追いつけた。マドリーが手にした結果が不当なんて言う気はないが、同点にできたはずなんだ」

 その一方で、前半のチームが無気力であったとの指摘は否定している。

 「無気力であったとは思わない。そんなことは思いたくない。何が起きたかと言えば、緊張感が足りず、多くのボールを失ったということだ。チームは間延びしていて、ゲームをコントロールしていたという感覚は一切得られなかった。こちらの攻撃はほとんど機能せず、対して彼らはとても素晴らしかったね」

 バレンシアは今季ここまでのリーガを3勝8分け3敗で終え、14位に位置するなど苦境に立たされている。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. レアルに0-2敗戦のバレンシア 指揮官、前半の失点に「チームが無気力だったとは思わない」