2018.12.2 01:54

ドルトムントが首位固め…またもロイス&パコ弾でリーグ戦4連勝

ドルトムントが首位固め…またもロイス&パコ弾でリーグ戦4連勝

ドルトムントが首位固め…またもロイス&パコ弾でリーグ戦4連勝

ドルトムントが首位固め…またもロイス&パコ弾でリーグ戦4連勝【拡大】

 ブンデスリーガ第13節が12月1日に行われ、首位のドルトムントはフライブルクを迎え撃った。香川真司はメンバー外となっている。

 立ち上がり、ドルトムントの両CBは不安定な動きを見せ、ピンチを招く。それでも、何とか耐えしのぐと、40分にジェイドン・サンチョが右サイドからの仕掛けでPKを獲得。これをマルコ・ロイスが正面に決め、ドルトムントが先制点を奪う。

 直後から反撃に出るフライブルク。ジェローム・ゴンドルフの直接FKがバーを叩くなど見せ場を作る。

 後半に入ってもドルトムントペースで試合は続く。終盤まで試合は動かず、このまま終了するかと思われたが、ドルトムントの“仕事人”が黙っていない。サンチョのドリブルで組織を破壊すると、持ち上がってきたウカシュ・ピシュチェクに渡る。キーパーと1対1のシーンで落ち着いて横パスを選択すると、途中出場のパコ・アルカセルが押し込んだ。

 試合はそのまま2-0で終了。ドルトムントがリーグ戦4連勝を飾っている。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ドルトムントが首位固め…またもロイス&パコ弾でリーグ戦4連勝