2018.11.27 10:00(1/2ページ)

モンテディオ・木山監督、天皇杯決勝進出&来季J1昇格誓った

モンテディオ・木山監督、天皇杯決勝進出&来季J1昇格誓った

特集:
輝け!モンテディオ山形
パーティーであいさつする木山監督。来季の躍進と天皇杯決勝進出を誓った(撮影・葉山理)

パーティーであいさつする木山監督。来季の躍進と天皇杯決勝進出を誓った(撮影・葉山理)【拡大】

 J2山形は26日、山形市のパレスグランデールで「モンテディオ山形2018サンクスパーティー」を開催した。来季の続投が決定している木山隆之監督(46)は、あいさつで12位に終わった今季の悔しさを吐露。来季でのJ1昇格を約束した。天皇杯では4強に進出しており、12月5日の準決勝(19時、ユアスタ)でJ1ベガルタ仙台と対戦。みちのくダービーを制しての決勝進出を誓った。

 木山監督がスポンサー関係者など約300人の出席者の前であいさつ。公の場で今季を総括し、悔しい胸の内を語った。

 「目標としていたJ1復帰を果たせず、本当に申し訳なく思っております。昇格するためにはもう一つ、パワーを出し切ることができませんでした。選手たちは全力を尽くし、厳しい要求にも真摯(しんし)に応えてくれました」

 就任1年目の昨季は11位。今季はクラブ創立20周年の節目の年で、悲願のJ1復帰を果たすべく臨んだが、苦戦の連続だった。

 開幕当初はけが人続出で下位に低迷。一時は持ち直して7位まで浮上したものの、終盤に再び失速した。残り3試合を残してJ1昇格の可能性が消滅。試合終盤に失点を重ねる勝負弱さが目立ち、攻撃も爆発力に欠けた。

 最終成績は14勝14分け14敗、勝ち点56。昇格争いに加われず前年を下回る12位でリーグ戦を終え、厳しい現実を突きつけられた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. モンテディオ・木山監督、天皇杯決勝進出&来季J1昇格誓った