2018.11.26 21:33

長谷部との契約延長はもはや決定事項…フランクフルト幹部「発表を待てばいい」

長谷部との契約延長はもはや決定事項…フランクフルト幹部「発表を待てばいい」

特集:
長谷部誠
長谷部との契約延長はもはや決定事項…フランクフルト幹部「発表を待てばいい」

長谷部との契約延長はもはや決定事項…フランクフルト幹部「発表を待てばいい」【拡大】

 フランクフルトは、元日本代表MFの長谷部誠との契約延長を決定事項としているようだ。同クラブの執行役員を務めるフレディ・ボビッチ氏がドイツ『シュポルト1』のトーク番組で、そのことを示唆している。

 来年1月に35歳の誕生日を迎える長谷部は、今夏に指揮官となったアディ・ヒュッター監督の下で9月20日に行われたヨーロッパリーグ初戦のマルセイユ戦以来の公式戦13試合にすべてフル出場。ほとんどの試合で3バック中央のリベロ役を務め、現在リーグ3位と快進撃を続けるチームの欠かせない存在となっている。

 そんなベテランに対するクラブ側の評価も高い。『シュポルト1』のトーク番組に出演したボビッチ氏は、長谷部を「我々の守備の首領」と形容すると、来夏までとなっている契約状況について「彼とは毎年の晩秋に話しているが、今年もそうしたよ」とコメント。さらに「あとはそのタイミング、発表を待てばいい」と語り、すでに選手側とは新契約に向けて大筋合意に至っている様子をうかがわせた。

 長谷部自身は先月、「可能な限り長くフランクフルトでプレーすることを望んでいます」と明かしていた。ドイツでは、ウォルフスブルク、ニュルンベルク、そしてフランクフルトでこれまで公式戦313試合に出場してきた元日本代表MF。2014年夏に加わったフランクフルトとの契約延長の発表は、もはや時間の問題となっているようだ。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 長谷部との契約延長はもはや決定事項…フランクフルト幹部「発表を待てばいい」