2018.11.22 10:00

【釜本邦茂 レジェンドチェック】香川ら海外組ベテラン呼ぶな

【釜本邦茂 レジェンドチェック】

香川ら海外組ベテラン呼ぶな

特集:
香川真司
キルギス戦でアピール不足に終わった杉本。それでも釜本氏は香川らベテランの力に頼らず、国内組の成長を重視した 

キルギス戦でアピール不足に終わった杉本。それでも釜本氏は香川らベテランの力に頼らず、国内組の成長を重視した 【拡大】

 日本代表で歴代トップの国際Aマッチ通算75得点をマークし、日本協会の副会長などを歴任した釜本邦茂氏(74)が、年内最終戦だった20日のキルギス戦を分析した。チャンスを与えられた国内組は、低調なパフォーマンスだったと一刀両断。来年1月のアジア杯にMF香川ら海外組のベテランを呼び戻すべきか、提言した。

 これまでの4試合と違い、キルギス戦は新しい選手が出場して早い時間に得点したのはよかったが、それだけ。相手の攻撃がお粗末で、守備はテストにすらならなかった。アジア杯前最後の試合としては、物足りなかった。

 先発メンバーは特長を出せなかった。みんなミスを恐れ、セーフティーにプレーし、アピールする姿勢に欠けていた。DF山中も得点こそしたが、DF長友(ガラタサライ)を脅かす存在とはいえない。FW杉本もそう。「自分の良さは何なのか」を考えてプレーする必要がある。

 後半にFW大迫、MF南野、MF中島、MF堂安が入って流れが変わった。やはりひと味違う。前線でボールが収まり、人も流動的に動く。前半と後半では完全に別のチームだった。

 もっとも、国内組の若手に代えてMF香川(ドルトムント)やFW岡崎(レスター)らベテランをアジア杯に呼ぶべきかといえば、そうは思わない。実績のあるベテランが入ると、おとなしい若手がさらに萎縮してしまう。南野らをチームの中心に据え、若手に経験を積ませた方がいい。いまは切り替えの時期と割り切るべきだ。

 杉本、FW北川らアピール不足だった国内組の若手はJ1の残り2試合で持ち味を出し、オフ期間に入っても個々のトレーニングで世界と戦う準備をしてほしい。主力から先発を奪う気概を持てば、代表チームの競争は活性化する。(1968年メキシコ五輪銅メダリストで得点王)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • キルギス戦でアピール不足に終わった北川。それでも釜本氏は香川らベテランの力に頼らず、国内組の成長を重視した
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【釜本邦茂 レジェンドチェック】香川ら海外組ベテラン呼ぶな