2018.11.22 11:30

【J試合情報】サンフレッチェ広島vs名古屋グランパス 11月24日

【J試合情報】

サンフレッチェ広島vs名古屋グランパス 11月24日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・広島対名古屋の通算51試合では、広島が19勝10分22敗と負け越している。しかし広島にとって名古屋は、G大阪(71)についで2番目に通算獲得勝ち点数の多い相手(67)。

 ・広島は名古屋戦で現在4試合連続無敗であり(2勝2分)、今カード直近11試合でわずか1敗しかしていない(5勝5分)。

 ・しかし広島は現在5連敗中であり、7試合連続未勝利(1分6敗)。この間5試合で無得点に終わっている。今節も敗れると、2002年7月~8月以来の6連敗を喫する(当時7連敗、クラブ史上ワースト)。

 ・広島は昨季以降、対戦時に16位以下のクラブとの9試合で1勝しか挙げておらず(3分5敗)、現在は同対戦で4試合連続未勝利(1分3敗)。それ以前は同順位のクラブとの対戦で11連勝を記録していた。

 ・名古屋は直近4試合でわずか1勝(3敗)。直近8試合でも2勝しか挙げていない(6敗)。しかしアウェイでの直近7試合では5勝を挙げている(2敗)。

 ・名古屋は今季引き分け数が、柏(3)に次いでリーグで2番目に少ない(4)。現在は15試合連続で勝敗が決まっており、引き分けを記録したのは広島との前回対戦が最後(0-0:7月22日)。

 ・パトリックはデュエル数(838回)と空中戦回数(571回:勝率60.1%)が今季リーグ最多。対する名古屋のジョーは、空中戦回数がパトリックに次いでリーグで2番目に多い(328回:54.9%)。

 ・玉田圭司はあと1得点決めると、Jリーグ史上14人目となるJ1通算100得点を記録する。

 ※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】サンフレッチェ広島vs名古屋グランパス 11月24日