2018.11.21 16:19

バルサ“コウチーニョ条項”でリバプールから補強禁止中か

バルサ“コウチーニョ条項”でリバプールから補強禁止中か

バルサ“コウチーニョ条項”でリバプールから補強禁止中か

バルサ“コウチーニョ条項”でリバプールから補強禁止中か【拡大】

 バルセロナは現在、リバプールから補強できない状態のようだ。スペイン『カデナ・セル』の情報を基に、『アス』など複数メディアが伝えた。

 バルセロナは、リバプールとの度重なる交渉の末、2018年1月にフィリペ・コウチーニョを獲得。1億6000万ユーロ(約205億円)という大型移籍となったが、このオペレーションで“ある協定”が締結されていたようだ。

 報道によれば、バルセロナは「3シーズンにわたってリバプールから補強できない」というリバプール側が提示した条件をのんだとのこと。つまり、バルセロナは2021年までリバプールから選手を獲得できないということになる。

 なお、バルセロナは過去、リバプールからコウチーニョだけでなく、ハビエル・マスチェラーノやルイス・スアレスを獲得。いずれの選手も、バルセロナに欠かすことができない存在として活躍している。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. バルサ“コウチーニョ条項”でリバプールから補強禁止中か