2018.11.20 11:27

不振から抜け出せないドイツ代表、過去40年でワーストの公式戦5試合勝利なし

不振から抜け出せないドイツ代表、過去40年でワーストの公式戦5試合勝利なし

不振から抜け出せないドイツ代表、過去40年でワーストの公式戦5試合勝利なし

不振から抜け出せないドイツ代表、過去40年でワーストの公式戦5試合勝利なし【拡大】

 ヨアヒム・レーブ監督率いるドイツ代表は、1978年以降で最長となる公式戦5試合勝利なしという不名誉な記録を打ち立ててしまった。

 19日に行われたUEFAネーションズリーグでオランダ代表とホームで対戦したドイツ代表。すでにリーグAからの降格が決まっている同チームは、ティモ・ヴェルナーとリロイ・サネのゴールで幸先よく19分までに2点のリードを奪う。しかし、試合終盤に2失点を許して、2-2と手痛いドローを喫した。

 なお、この引き分けでドイツ代表は直近の公式戦で2分け3敗と5戦連続で勝利を逃し、公式戦において過去40年で最長となる不名誉な未勝利記録を打ち立ててしまった。さらに、得点力不足にも悩まされる同チームは、ここ公式戦7試合でわずかに5ゴールのみ。ワールドカップ以降、2得点以上を挙げたのもスウェーデン代表戦と今回のオランダ代表戦の2試合のみと深刻な状態に陥っている。

 今夏のロシア・ワールドカップでは、ディフェンディングチャンピオンながら80年ぶりのグループリーグ敗退という失意の結果に終わったドイツ代表だが、協会はレーブ監督の続投を支持。しかし、UEFAネーションズリーグでも好転せず、12年間チームを率いる同指揮官の去就に関する話題が再燃することが予想される。

 期待から失望に変わったドイツ代表の2018年の戦いはこれで終焉。次回の代表戦は2019年3月に予定されているが、はたしてレーブ監督が今後もベンチに座っているのか、それとも別の指揮官が就任するのか。ドイツ代表はどのような決断を下すのだろうか。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 不振から抜け出せないドイツ代表、過去40年でワーストの公式戦5試合勝利なし