2018.11.20 07:18

名門オランダ復活!2点差追いつきドイツと引き分け、逆転で決勝T進出

名門オランダ復活!2点差追いつきドイツと引き分け、逆転で決勝T進出

名門オランダ復活!2点差追いつきドイツと引き分け、逆転で決勝T進出

名門オランダ復活!2点差追いつきドイツと引き分け、逆転で決勝T進出【拡大】

 UEFAネーションズリーグが19日に行われ、リーグAグループ1ではドイツとオランダが対戦した。

 最終節を迎える前にグループ最下位が確定し、リーグB降格が決まっていたドイツ。夏のロシア・ワールドカップ惨敗を含め厳しい1年となった元世界王者だが、レーブ監督は「良い形で1年を締めくくりたい」と語り、ホームサポーターの前で年内最終戦に臨んだ。

 グナブリーやシュルツ、ケーラーなど比較的代表経験の浅い選手を多数起用したドイツは、9分と早々に先制。最後方からパスを繋ぐと、ボックス手前でヴェルナーが浮き球のパスをダイレクトでシュートし、ネットに突き刺した。

 止まらないドイツは、20分には自陣からの浮き玉のパスに反応したサネがドリブルでコースを作ってから左足を振り抜き、追加点を奪取。前半は2点リードして折り返す。

 後半に入ってからは、オランダがボールを握る時間帯が増え、85分にはプロメスが1点を返す。このまま試合終了かと思われたが、90分にファン・ダイクが同点弾を挙げる。劇的な展開となった一戦はこのまま終了し、2-2のドロー決着となった。

 この結果、グループ1の最終順位が決定。オランダが逆転で決勝トーナメント進出となり、2位フランスが残留。3位ドイツが、リーグBへ降格することとなった。

 EURO2016に続き、2018年W杯も出場を逃すなど、苦しんでいたオランダ。これまで主力としてチームをけん引してきたアリエン・ロッベンやウェズレイ・スナイデルらが代表チームに別れを告げた後、新生オランイェは見事に復活を遂げている。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 名門オランダ復活!2点差追いつきドイツと引き分け、逆転で決勝T進出