2018.11.18 02:29

バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで神話上の動物」

バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで神話上の動物」

バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで神話上の動物」

バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで神話上の動物」【拡大】

 元アルゼンチン代表FWで、Rマドリードに選手・幹部として在籍したホルヘ・バルダーノ氏が、マドリーDFセルヒオ・ラモスの度胸を称賛している。

 常に前向きで、リーダーシップを発揮し、その一方で自分を正当化し過ぎると批判を浴びるS・ラモス。バルダーノ氏は賛否両論でもある同選手の振る舞いを称賛する。

 バルダーノ氏はスペイン『エル・パイス』のコラムで、マドリーのキャプテンについて次のような見解を述べた。

 「私はアルゼンチン代表選手としてボゴタで合宿していた。ホテルのロビーで、私は友人と話に花を咲かせてたいたが、階段を見やった友人が急にだまりこくった。『ダニエルを見てみろよ』、彼は私にそう言った。『彼みたいに階段を降りる人はいないぜ』。世界王者となったアルゼンチンの第一キャプテン、ダニエル・パサレラは、マフィアの組長としての権限を終えようとしていた。ああしたタイプの選手はもうわずかしか残っていないし、セルヒオ・ラモスのような選手などどこにもない」

 「セルヒオは、まるでRマドリードが自分に属しているかのようにロッカールームに入り、まるで自分がフットボールを発明したかのようにピッチに立つ。クラブは彼の過剰な仕切りを、ライバルは彼が過剰な打撃を加えることを非難する。しかし、普通の選手ならばその身を隠そうとするのに、彼はパネンカ(チップキックによるPK)でもって世界中に立ち向かう。セルヒオは、まるで神話上の動物であるかのようなリーダーが、まだ存在していることを訴えかけてくるのだ」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで神話上の動物」