2018.11.17 07:18

遠藤航、フル出場で語った守備での手応え…柴崎とともに意識したこととは?

遠藤航、フル出場で語った守備での手応え…柴崎とともに意識したこととは?

特集:
遠藤航
柴崎岳
遠藤航、フル出場で語った守備での手応え…柴崎とともに意識したこととは?

遠藤航、フル出場で語った守備での手応え…柴崎とともに意識したこととは?【拡大】

 ベネズエラ戦でフル出場した日本代表MF遠藤航は試合を冷静に振り返っている。

 日本は16日、キリンチャレンジカップ2018でベネズエラと対戦。前半にセットプレーから酒井宏樹が先制点を奪いながら、後半にPKで失点。1-1のドローに終わっている。遠藤は追加点を取れなかった展開を悔やんだ。

 「セットプレーで得点が取れたのは大きかったですけど、その後の戦い方で2点目をしっかり取りに行くということで、後半もしっかり寄せかけていきながらショートカウンターを狙っていったんですけど、なかなか奪えずにボールを動かされるシーンが多かった。失点もしたけど、戦い方的に2点目を取れるシーンもあったので、そこで仕留めていればという試合でした」

 また、個人の出来には「満足していない」と話しつつ、自らや柴崎岳がいい形でボールを前に送ることができたときにはチャンスにつながっていたと説明する。

 「いかに僕ら、ダブルボランチがプレッシャーがある中でもボールを受けられるかというところは意識していました。ワンタッチではたくことやポジションを少し高めにとって、間で受けたり、工夫をしながらやっていた。確かに僕とか岳から縦にいいボールを入れられればチャンスにはなっていた。中央を崩していくシーンも何度も作っていたので、理想はやっぱりそこで仕留めきれることだった。でもそのチャンスメイクした過程は良かったと思います」

 柴崎とコンビを組んだのは2試合連続。「少し良くなってきた」と話し、「距離感」をキーワードに挙げた遠藤。特に守備面で手応えを感じているようだ。

 「中盤での切り替えの部分で、自分と岳のところでいかに潰せるかというところはお互いに意識できたと思うし、一人が守備で前に出たときにもう一人がしっかり真ん中を閉めるところとか、その距離感も良くなってきている。悪くはないかなと思います」

 「奪い切るところも何回もありましたし、攻撃ももちろんいい形で縦に入れられればそのままチャンスになっていましたけど、もうちょっとその回数を増やしたいというか、もう少しプレッシャーをマンツーマン気味に受けたとしても、自分たちでボールを受けて剥がしていくというプレーが必要。結構ワンタッチで後ろに下げてしまうこともあったので。それをプレッシャーが来る中でもできるだけ前につけたりサイドチェンジしたり、長いボールを入れたりとかはやっていきたいと思いました」(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 遠藤航、フル出場で語った守備での手応え…柴崎とともに意識したこととは?