2018.11.17 22:05

PO進出の東京V・ロティーナ監督、不利な状況にも「アドバンテージは相手のプレッシャーになる」

PO進出の東京V・ロティーナ監督、不利な状況にも「アドバンテージは相手のプレッシャーになる」

PO進出の東京V・ロティーナ監督、不利な状況にも「アドバンテージは相手のプレッシャーになる」

PO進出の東京V・ロティーナ監督、不利な状況にも「アドバンテージは相手のプレッシャーになる」【拡大】

 東京ヴェルディは、17日の明治安田生命J2リーグ最終節でFC町田ゼルビアとの「東京クラシック」に引き分けた。76分に林陵平のゴールで先制するも、82分に大谷尚輝に同点弾を叩き込まれ、1-1で試合終了。他会場の試合の結果、前節の5位から6位に順位を下げるもJ1参入プレーオフ進出を果たした。

 昨年の就任後、2シーズン連続でPO進出を決めたロティーナ監督は、会見で次のように語った。

 「前半は両チームが特長を出してゴールを狙っていたが、得点を奪えなかった。後半はサイドからチャンスを作り、守備陣も試合を通じて良い動きをしていましたし、カウンターから2点目が決められるのではないかと思った時に、セットプレーの流れから同点に追いつかれました」

 ロティーナ監督は他会場の結果も頭に入れながら試合を進めていたという。

 「終盤はナーバスになった。他会場の結果も耳には入っており、引き分けでもPOに行けるというのも知っていた。ただ、他会場も1点が入れば、結果、順位が変わるということだったので、勝ちに行きながらもカウンターを食らわないようにしていた」

 ドローで試合を終えた東京Vは順位を一つ下げて6位でフィニッシュ。PO1回戦は5位・大宮アルディージャとの対戦となった。

 最終順位が東京Vより上の大宮は、PO1回戦をホームで戦い、引き分けでも次に進めるアドバンテージがある。ロティーナ監督はそのアドバンテージが逆に相手にプレッシャーを与えるとする。

 「大宮は偉大なチームだ。彼らにはアドバンテージがあるが、それがプレッシャーにもなり得る。一方そのことは、我々にとってのアドバンテージでもある。相手のホームで勝つ、それは大成功と言えるからだ」

 東京Vは11月25日、アウェイNACK5スタジアムで大宮とPO1回戦を戦う。(Goal.com)

試合結果へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. PO進出の東京V・ロティーナ監督、不利な状況にも「アドバンテージは相手のプレッシャーになる」