2018.11.16 13:02

「将来は約束されている」代表最終戦を終えたルーニーが若いチームの躍動に期待

「将来は約束されている」代表最終戦を終えたルーニーが若いチームの躍動に期待

「将来は約束されている」代表最終戦を終えたルーニーが若いチームの躍動に期待

「将来は約束されている」代表最終戦を終えたルーニーが若いチームの躍動に期待【拡大】

 イングランド代表はギャレス・サウスゲート監督の下で上手くやっていけると、同国代表でのラストゲームを終えたウェイン・ルーニーが期待を口にした。

 15日にウェンブリー・スタジアムで行われた国際親善試合でイングランド代表はアメリカ代表と対戦。代表での引退試合を迎えたルーニーは、2-0で迎えた58分からキャプテンマークを巻いて途中出場し、3-0で完勝した試合を最後までピッチの上で見守った。

 この試合でイングランド代表としての120キャップ目を刻んだルーニーは試合後にイギリス『スカイスポーツ』で、ロシア・ワールドカップで28年ぶりとなるベスト4進出を果たしたサウスゲート監督率いるチームのこれからの活躍に確信を持ったと語った。

 「僕の考えにすぎないけれど、この1週間を見てきてイングランドの将来は約束されていると思った。選手たちへの指導法やそれに応える選手たちの姿勢はエクセレントだ。明るい未来が待っている若い選手たちの最高のグループで、彼らは母国にトロフィーをもたらすであろうチームだ。彼らがやってくれると信じているし、一ファンとして応援したい」

 また、ラストゲームで得点は生まれなかったルーニーだが、安堵の表情を浮かべた。「良かった。なぜなら仮に得点を奪ってしまえば、このゴールをカウントすべきかどうか議論されることになっただろう。だからたぶんこれで良かったんだと思う」

 「最高だった。今夜は代表でのキャリアを終えるのに最高の夜だった。選手たちは素晴らしく、最高の試合でプレーできた。この記憶はこれからも心の中にあり続けるだろう」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 「将来は約束されている」代表最終戦を終えたルーニーが若いチームの躍動に期待