2018.11.15 08:21

代表最終戦ルーニーが10番&キャプテンマーク着用へ

代表最終戦ルーニーが10番&キャプテンマーク着用へ

代表最終戦ルーニーが10番&キャプテンマーク着用へ

代表最終戦ルーニーが10番&キャプテンマーク着用へ【拡大】

 イングランド代表でのラストゲームを迎えるウェイン・ルーニーは、この一戦で親しみのある10番とキャプテンマークを着用することになる。ギャレス・サウスゲート監督が明かした。

 15日にウェンブリー・スタジアムで行われる国際親善試合でアメリカ代表と対戦するイングランド代表。これまで代表で119キャップを誇り、歴代最多となる53ゴールを記録したルーニーは、2017年8月に代表からの引退を発表して以降初めて招集され、この試合で同選手の実質的な引退試合が執り行われる。

 アメリカ代表戦を前に会見に臨んだサウスゲート監督は、試合開始時にはファビアン・デルフがキャプテンマークを巻くものの、10番を着用したルーニーがピッチに立てばアームバンドを手にすることになると話した。

 「選手たちはウェインが背番号10を着用することを望んだ。彼らはこれが最大限の称賛だと思っている。これまでウェインが残してきたことはとても大きなもので、このグループの誰もが彼に対して多大なる尊敬の念を抱いている。だから彼のラストゲームに10番を着用することは最も適したことだ」

 また、ルーニーがピッチに立つタイミングについて問われた同指揮官は「良い考えを持っている。ただ、試合展開がどうなるかはわからないから、正確な時間を言うことはできない。それにこの試合では若手を見てみたいし、日曜日(18日)の試合への準備でもある」と明言を避けた。

 一方で、サウスゲート監督とともに会見に出席したデルフは「ウェインがピッチに入ってきたらできる限りすぐにアームバンドを渡したい」と言及。続けて「ウェインにとって最高の夜になるはずだ。それに僕たちも彼のために特別な試合にしたい」と話した。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 代表最終戦ルーニーが10番&キャプテンマーク着用へ