2018.11.12 19:18

サッリ監督、プレミア新記録も選手に改善要求「ボールをゆっくり回しすぎだ」

サッリ監督、プレミア新記録も選手に改善要求「ボールをゆっくり回しすぎだ」

サッリ監督、プレミア新記録も選手に改善要求「ボールをゆっくり回しすぎだ」

サッリ監督、プレミア新記録も選手に改善要求「ボールをゆっくり回しすぎだ」【拡大】

 チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、11日のエバートン戦後のインタビューに答えた。

 チェルシーはプレミアリーグ第11節を消化した時点で負けなしの2位につけていた。11日には第12節で9位エバートンとホームで対戦。首位マンチェスターCにプレッシャーをかけるためにも勝利が欲しいチェルシーであったが、圧倒的にボールを支配するも得点することができず、ゴールレスの引き分けに終わった。サッリ監督は試合後のインタビューで「試合の入り方を改善する必要がある」と述べた。

 「我々は試合の入り方を改善する必要がある。前の2、3試合でも正しくゲームに入ることができなかったからね。試合が始まってから、ボールをゆっくり回しすぎだ。相手にとっては守備しやすく、危険な攻撃ができていないことになる」

 この引き分けで開幕12試合無敗となり、サッリ監督はプレミアリーグ初挑戦監督の連続無敗記録を24年ぶりに更新した。しかし、喜びよりも改善への気持ちを強く持っているようだ。3位となったチェルシーは次節25日に、アウェイで4位トットナム・ホットスパーと上位対決を迎える。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. サッリ監督、プレミア新記録も選手に改善要求「ボールをゆっくり回しすぎだ」