2018.11.12 06:56

首位マンCがダービー制し無敗キープ!マンUは8位転落

首位マンCがダービー制し無敗キープ!マンUは8位転落

首位マンCがダービー制し無敗キープ!マンUは8位転落

首位マンCがダービー制し無敗キープ!マンUは8位転落【拡大】

 現地時間11日、イングランド・プレミアリーグ第12節ではマンチェスターCとマンチェスターUによる「マンチェスターダービー」が行われた。

 昨シーズンはリーグ1位と2位による頂上決戦だったが、今シーズンは1位と7位の対戦となったマンチェスターダービー。いまだ無敗でリーグ首位を快走するシティに対し、苦戦の続くユナイテッドは怪我人も多くこの試合ではポール・ポグバが欠場を余儀なくされた。

 立ち上がりからペースを握ったのはホームのシティ。開始わずか2分にベルナルド・シウヴァがオープニングシュートを放つと、4分にもフェルナンジーニョがゴール左へと外れるシュートでユナイテッドゴールを脅かす。

 迎えた12分、左サイドでボールを受けたラヒーム・スターリングの右足クロスを、ファーポストに走り込んだB・シウヴァが折り返し、ゴール前で受けたダビド・シルバが落ち着いたトラップから冷静に決めて攻勢のシティが先制する。

 早くもビハインドを背負ったユナイテッドはシティのボールポゼッションと前からのプレッシングに苦しむものの、徐々にアントニー・マルシャルとジェシー・リンガードの両翼にボールが入るようになり、シティのミスを突いたカウンターも仕掛けられるようになる。しかし、シュートチャンスでは必ずシティDFがコースに入り、決定機を許さない。

 シティも先制点以降は惜しい場面を作り出すものの、決定機は作れず、枠内シュートはゴールになった1本のみ。ユナイテッドは枠内シュート0本で前半を終えた。

 ユナイテッドにほとんど攻撃の形を作らせなかったシティだが、ユナイテッドは公式戦2試合連続で逆転勝ちを収めているチーム。シティとしては早めに追加点が欲しい状況だが、立ち上がりに欲しかった追加点を手にする。48分、中盤でボールを奪い、ドリブルで持ち上がったセルヒオ・アグエロがマフレズとのワンツーでペナルティーエリア内右に侵入。やや角度に欠けた位置から右足を強振すると、強烈なシュートがGKダビド・デ・ヘアを破ってネットを揺らした。

 2点を追う格好となったユナイテッドは57分、リンガードに代えてロメル・ルカクを投入。するとそのファーストプレー、ペナルティーエリア内左でボールを受けたところを飛び出したGKエデルソン・モラエスに倒され、PKを獲得。これをマルシャルが冷静に決めてユナイテッドが1点差に詰め寄る。

 シティは62分、マフレズに代えてリロイ・サネを投入。スターリングが右に移り、サネは左サイドに入った。1点差になっても守備固めには走らないシティに対し、ユナイテッドは73分、アンデル・エレーラに代えてフアン・マタ、マーカス・ラッシュフォードに代えてアレクシス・サンチェスを投入し交代枠を使い切る。

 75分にシティも動く。アグエロに代えてイルカイ・ギュンドアンを投入。中盤に厚みを持たせてボール支配率を上げながら逃げ切る意図が伺えた。この狙いは奏功し、攻撃に出たいユナイテッドだがシティのパス回しからボールを奪えず、チャンスにつながらない。投入されたマタ、サンチェスもボールに触ることができず、シティのパス回しの時間が続く。

 すると迎えた86分、B・シウヴァの左足クロスに呼応したギュンドアンがゴール前で落ち着いたトラップからネットを揺らしてシティが大きな追加点を奪った。

 これで楽になったシティが高いボールポゼッション率を維持しながら、最後まで集中した守備でユナイテッドに追加点を許さず、マンチェスターダービー勝利を手にした。首位のシティは勝点を「32」に伸ばし、ユナイテッドは8位に転落することとなった。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 首位マンCがダービー制し無敗キープ!マンUは8位転落