2018.11.11 02:42(1/2ページ)

麻也フル出場のサウサンプトンはドロー ニューカッスル・武藤はベンチ外、レスター・岡崎は途中出場

麻也フル出場のサウサンプトンはドロー ニューカッスル・武藤はベンチ外、レスター・岡崎は途中出場

特集:
武藤嘉紀
吉田麻也
麻也フル出場のサウサンプトンはドロー ニューカッスル・武藤はベンチ外、レスター・岡崎は途中出場

麻也フル出場のサウサンプトンはドロー ニューカッスル・武藤はベンチ外、レスター・岡崎は途中出場【拡大】

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは10日、プレミアリーグ第12節でワトフォードをホームに迎えた。

 リーグ16位と苦しむサウサンプトンが8位のワトフォードと対戦。サウサンプトンの吉田は、第8節のチェルシー戦以来の先発で、今季2度目のリーグ戦出場となった。

 試合序盤は、ワトフォードが攻勢に出る。4分にボックス右に抜け出したデウロフェウが枠内シュートに持ち込むも、ここはサウサンプトンGKマッカーシーがファインセーブ。対するサウサンプトンは19分にCKからフートがヘディングシュートでGKを脅かすと、直後に先制する。再びCKから、相手DFがクリアをもたつくと、ボックス正面でイングスがボールを奪取。最後はガッビアディーニがネットを揺らした。

 先制弾で流れを掴んだサウサンプトン。34分には、セットプレーの流れで前線に残っていた吉田がゴールに迫る。左サイドの絞った位置からレミナが入れたセンタリングに吉田がヘッド。しかし、このシュートはゴール左にはずれた。

 迎えた後半はワトフォードが積極的に前へ出る。圧力をかけるワトフォードは58分、ディーニーのパスからボックス内に進入したチャロバーがゴールエリア左付近でバートランドに倒される。しかし、この場面はPKの判定とはならない。

 一方のサウサンプトンは66分、右からのボールに正面で合わせた途中出場のオースティンがネットを揺らす。しかし、ボールに触らなかったもののゴール前のオフサイドポジションにいた吉田がプレーに関与したと判断され、ノーゴールとなる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 麻也フル出場のサウサンプトンはドロー ニューカッスル・武藤はベンチ外、レスター・岡崎は途中出場