2018.11.10 10:53(1/2ページ)

ハット達成の南野、監督や同僚から絶賛「うちのチームにいて嬉しい」/EL

ハット達成の南野、監督や同僚から絶賛「うちのチームにいて嬉しい」/EL

特集:
南野拓実
ハット達成の南野、監督や同僚から相次ぐ絶賛「うちのチームにいて嬉しい」

ハット達成の南野、監督や同僚から相次ぐ絶賛「うちのチームにいて嬉しい」【拡大】

 レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表MF南野拓実は現地時間8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)でローゼンボリ戦でハットトリックを達成。マルコ・ローゼ監督やチームメイトたちはその活躍を誉め称えた。

 スタメン出場した南野はこの試合で6分、20分、45分にゴールを決めて前半だけでハットトリック。さらに57分には相手OGを誘発し、敵地での5-2の大勝の立役者となった。この結果、ザルツブルクは今季ELで開幕4連勝でグループリーグの突破に向けて大きく前進した。

 南野は試合後、クラブの公式チャンネルを通してドイツ語で「とても嬉しいです。今日は3ゴールを決めましたのでね」と笑顔を浮かばせ、「もしかしたら4ゴールも…?」と自身が決定的に絡んだチーム5点目についても触れた。『ザルツブルガー・ナハリヒテン』に対しては「僕にとってザルツブルクでの過去最高の1日となりました」と認めると、試合で使用されたボールは「テレビの隣に飾ろうかな」と記念に自宅に持ち帰ることも明かしている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. ハット達成の南野、監督や同僚から絶賛「うちのチームにいて嬉しい」/EL