2018.11.10 17:32

広島5連敗…川崎黒星のビッグチャンスをモノにできず

広島5連敗…川崎黒星のビッグチャンスをモノにできず

広島5連敗…川崎黒星のビッグチャンスをモノにできず

広島5連敗…川崎黒星のビッグチャンスをモノにできず【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第32節が10日に行われ、2位・サンフレッチェ広島はホームでベガルタ仙台に0-1で敗戦。同時刻にセレッソ大阪と対戦した川崎フロンターレも敗れたが、勝ち点差は7のまま変わらず、川崎Fが2試合を残して優勝を決めた。

 広島は、敗れるとその時点で優勝の可能性が消滅するなかで迎えた仙台戦。前節から青山敏弘が先発に復帰し、柏好文がベンチスタート。前線はパトリックとティーラシンがコンビを組んだ。21分に和田拓也のクロスのこぼれ球を青山がボレーシュートで狙うが、枠を大きく外してしまう。

 26分には柴崎晃誠のCKにパトリックが頭で合わせたがGKシュミット・ダニエルがストップ。29分にも稲垣祥のクロスに野上結貴がヘッドで狙ったが、これもGKシュミットがセーブ。得点を奪えないまま、前半を終了した。

 52分にはパトリックがGKとの1対1を迎えるが、これもシュミットが阻止。すると67分、仙台に決定機。左サイドでボールを受けた中野嘉大がアーリークロスを送ると、ハモン・ロペスが胸で落とす。バウンドしたボールに石原直樹が強烈なボレーシュートで合わせて仙台が先制点を奪取した。

 負ければ優勝の可能性が消滅する広島は、その後必死の攻めを見せる。83分にCKから佐々木翔が頭で合わせたが、またもシュミット。仙台守護神の牙城を最後まで崩せず、広島は0-1で敗れた。

 同時刻に行われていたC大阪vs川崎Fは、ホームのC大阪が2-1で勝利したものの、広島も敗れたため、川崎Fが2試合を残しての連覇が決定した。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 広島5連敗…川崎黒星のビッグチャンスをモノにできず