2018.11.9 20:36(1/4ページ)

大混戦J2、上位7チームが絡む白熱昇格争いの行方を占う

大混戦J2、上位7チームが絡む白熱昇格争いの行方を占う

大混戦J2、上位7チームが絡む白熱昇格争いの行方を占う

大混戦J2、上位7チームが絡む白熱昇格争いの行方を占う【拡大】

 残り2節を残し、大混戦の明治安田生命J2リーグ戦。第41節を前にして昇格可能性を残すのは上位7位まで。ここでは各チームの今季の戦いぶりと現在の状態を測りつつ、自動昇格とプレーオフ争いにフォーカス。昇格争いの行方を展望する。

 ■上位4チームは自動昇格争いに焦点

 近年稀に見る大混戦となっている今季のJ2リーグ戦。上位戦線は残り2試合の段階でも混沌としており、首位・松本山雅FCから4位・横浜FCまでが1試合で逆転可能な勝点3差以内でしのぎを削っている。さらに5位・東京ヴェルディから7位・大宮アルディージャまでの勝ち点差はわずか『2』。シーズン最終盤にもかかわらず、最終的な順位の予想は困難を極めている。

 松本、大分トリニータ、FC町田ゼルビア、横浜FCの上位4チームが優勝に向けて戦っていることは当然だが、2位以内に入って自動昇格を勝ち取るか、それとも3位以下でJ1参入プレーオフに回るかでは天と地ほどの差がある。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 大混戦J2、上位7チームが絡む白熱昇格争いの行方を占う