2018.11.9 18:01

月間ベストゴールの川崎・大島「これからもチームに貢献」

月間ベストゴールの川崎・大島「これからもチームに貢献」

月間ベストゴールの川崎・大島「これからもチームに貢献」

月間ベストゴールの川崎・大島「これからもチームに貢献」【拡大】

 Jリーグは11日、10月の「月間ベストゴール」を発表。10月20日の明治安田生命J1リーグ第30節のヴィッセル神戸戦で決めたMF大島僚太の「今シーズンの中でもトップクラスに美しい」ゴールに決定した。

 ■大島「みんなが同じイメージを描き、共有できた」 

 等々力陸上競技場で行われた神戸戦の69分、PA手前で家長昭博がヒールパスでつなぐと、走り込んでいた大島は一旦PAの内の小林悠に預ける。小林はダイレクトで柔らかいパスを送ると、走り込んでいた大島が左足で流し込んで貴重な逆転ゴールを奪った。川崎Fはその後、1点を加えて5-3で勝利した。

 Jリーグ選考委員会は「川崎フロンターレの魅力が凝縮!美しいパスワークが生んだ逆転ゴール」というタイトルで大島のゴールを紹介している。

 「2点ビハインドの苦しい状況からチームを救った『今シーズンの中でもトップクラスに美しい』とも評される」と表現したゴールは、「ダイレクトでボールをつなぎ、スピードを落とさずに相手守備陣を崩してボールをゴールに運ぶコンビネーションの美しさから生まれたゴールには、川崎フロンターレの魅力が凝縮」されていると称賛。

 続けて「チーム全体でゴールまでのイメージが共有できており、各自のアイデアのつながり、技術の高さも評価され、10月度のベストゴールに選定された」と選出理由を記した。

 月間ベストゴールは初受賞となる大島は「あのゴールは日頃からフロンターレで取り組んでいる形が結果として出たゴールだったと思っています。ゴールに絡んだみんなが同じイメージを描き、共有することが出来ました。これからもチームに貢献するプレーをしていきたいです」とコメントしている。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 月間ベストゴールの川崎・大島「これからもチームに貢献」