2018.11.9 17:57(1/2ページ)

今度こそC大阪に勝って決める!川崎連覇へあと1勝

今度こそC大阪に勝って決める!川崎連覇へあと1勝

今度こそC大阪に勝って決める!川崎連覇へあと1勝

今度こそC大阪に勝って決める!川崎連覇へあと1勝【拡大】

 ■期待されたACLは未勝利敗退

 J1リーグも残り3試合。シーズンも佳境を迎える中、川崎フロンターレが連覇に近づいている。前節の柏レイソル戦は相手がシステム変更という奇襲をかけてきた中で、慌てることなく相手を見ながらサッカーを進めて3-0の快勝。あと1勝を積み上げれば、自力で優勝を決められる状況となった。

 とはいえ、今季の川崎Fが順風満帆な歩みをたどってきたかと言われれば、そうではない。

 特に序盤戦は既存戦力と新戦力の融合に加え、昨季以上のチームを構築するために試行錯誤を繰り返したことで、なかなか勝ち星を積み上げられない時期が続いた。期待されたAFCチャンピオンズリーグでは未勝利のまま敗退。苦しい戦いを続ける昨季の王者に対して、周囲からは心配の声も挙がっていたほどだ。

 しかし、今季のチームは簡単に自分たちから崩れるチームではなかった。昨季に鬼木達監督が就任して以降、口酸っぱく言い続けてきた“規律”がチームに浸透。攻守の切り替えや球際の強さ、ハードワークといったサッカーをやる上で基本となる部分を徹底的に突き詰めた。

 加えて、試合が進むにつれて一人ひとりのコンディションが整ってくると攻撃のクオリティーも向上。負けて課題を見つけるのはもちろんだが、勝ちながらも修正し続けることで、2018年版の川崎Fが少しずつ形を成していった。

 「チームとして“どこから変わった”というはなかったと思う。毎試合、毎試合反省して、いいところを伸ばしてというのの連続だった。今季は試合をこなすにつれて、より完成度が上がっていたように感じている」(車屋紳太郎)

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 今度こそC大阪に勝って決める!川崎連覇へあと1勝