2018.11.9 13:30(1/4ページ)

イニエスタ&ポドルスキを生かす形に最適解 神戸指揮官が目指す上達の先にあるもの

イニエスタ&ポドルスキを生かす形に最適解 神戸指揮官が目指す上達の先にあるもの

イニエスタ&ポドルスキを生かす形に最適解 神戸指揮官が目指す上達の先にあるもの

イニエスタ&ポドルスキを生かす形に最適解 神戸指揮官が目指す上達の先にあるもの【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第32節が10日に開催。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸とサガン鳥栖が対戦する。神戸は前節、名古屋をグランパスを下し、リーグ戦で8試合ぶりの白星をマーク。ファン・マヌエル・リージョ体制初勝利を飾った。2人の世界的スターをどう生かすか。チーム最大のテーマに、名古屋戦で最適解を見いだしたスペイン人指揮官。リージョがもたらす変革は、確実にチームへ浸透し始めている。

 ■上達をコンセプトに掲げるリージョ

 報道陣向けに公開された6日のトレーニングで、リージョ監督の荒々しい声が飛んだ。激しいジェスチャーを交え、練習に臨む選手に声をかける。複数の選手から「(神戸を15~17年に率いた)ネルシーニョに雰囲気が似ている」という声も。柏に在籍した12年にネルシーニョ監督の指導を受けた那須大亮はリージョ監督についてこう印象を口にした。

 「リージョの方がコミュニケーションを取る印象ですね。ハグとかもそうだし、選手との距離が近い。なので、僕の中ではミシャ(昨季まで那須が在籍した浦和を率いたミハイロ・ペドロヴィッチ監督の愛称)。コミュニケーションを取りながらやる人。試合に入ると情熱的で似ているかなと思う」

 リージョ流トレーニングの基本的なコンセプトは、上達だ。「純粋に『もっとうまくなりたい』と思わせられる。練習の中にそういうシチュエーションを作ってくれるし、『もっと頑張らないと』って。自分の中ではより高められながらやっていますね」。プロ17年目のシーズンを戦う那須もまた、指揮官の人柄や日頃の練習から新鮮な刺激を感じ取っているようだ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. イニエスタ&ポドルスキを生かす形に最適解 神戸指揮官が目指す上達の先にあるもの