2018.11.9 05:00

第1053回toto 飯塚健司の儲カルチョ

第1053回toto 飯塚健司の儲カルチョ

第1053回toto

第1053回toto【拡大】

 神戸-鳥栖は「2」だ。J1残留を目指す鳥栖は苦しい戦いを続けているが、10月20日の仙台戦、11月4日の長崎戦に連勝して勢いに乗っている。とくに長崎戦は金崎、小野といった主力を欠く中、競り勝っている。この試合で主将を務めたフェルナンドトーレスも随所に体を張ったプレーを見せ、チームメートを鼓舞していた。監督交代があったばかりだが、いまの鳥栖は勝利に向けたモチベーションが高く、同じく新監督の下で戦っている神戸よりもチームとしてまとまっている。「2」が本命になる。

 G大阪-湘南は現在のチーム状態を考えると「1」だ。G大阪は宮本監督の就任、今野のけがからの復帰、小野瀬や渡辺の加入。これらの要因によって本来の力を発揮できるようになり、7連勝となっている。一方の湘南はルヴァン杯に優勝したものの、リーグ戦では2試合得点なしと苦戦している。G大阪が有利だ。

  • 第1053回toto投票率
  • 第1053回totoGoal3投票率
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 第1053回toto 飯塚健司の儲カルチョ