2018.11.8 15:36(1/3ページ)

3連続招集、南野拓実への期待 森島、香川、清武と続くセレッソアタッカー陣の系譜

3連続招集、南野拓実への期待 森島、香川、清武と続くセレッソアタッカー陣の系譜

特集:
南野拓実
香川真司
3連続招集、南野拓実への期待 森島、香川、清武と続くセレッソアタッカー陣の系譜

3連続招集、南野拓実への期待 森島、香川、清武と続くセレッソアタッカー陣の系譜【拡大】

 ■「エース」の手ごたえはないものの

 日本サッカー協会は7日、11月16日のキリンチャレンジカップベネズエラ戦、20日のキルギス戦に臨む日本代表メンバーを発表した。森保一監督体制発足以降、3戦4発と気を吐いている新エース・南野拓実(ザルツブルク)も当然のごとく名を連ねた。

 「俺がエースだという手ごたえ? まったく。まだ全然。まだまだこれからです」

 本人は10月16日に埼玉スタジアムでウルグアイを4-3で破った後、こう繰り返していた。とはいえ、日本代表11月シリーズで代表復帰の可能性があった香川真司(ドルトムント)と乾貴士(ベティス)の招集が見送られた今、日本の得点源として攻撃陣をけん引すべき立場になったのは間違いない。年明け1月に迫ったアジアカップUAE大会に向け、11月の2連戦ではよりゴールという結果が要求される。

 南野は、森保ジャパン初陣となった9月11日のコスタリカ戦で背番号8をつけて躍動した。

 その8番は彼が中学、高校年代、そしてプロとなったセレッソ大阪の先輩である森島寛晃氏(現C大阪強化部長)が2002年日韓ワールドカップで背負った番号だ。同様、清武弘嗣も2014年ブラジルW杯で8番をつけて戦った。今夏のロシア大会で大活躍した香川真司と乾貴士は主要大会で8番をつけた経験はないものの、二人は世界に羽ばたいた偉大なアタッカーである。この顔ぶれを見ると、C大阪は90年代後半以降の日本代表攻撃陣を担うキーマンを次々と送り出してきたとも言える。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 3連続招集、南野拓実への期待 森島、香川、清武と続くセレッソアタッカー陣の系譜