2018.11.8 15:00

【J試合情報】セレッソ大阪vs川崎フロンターレ 11月10日

【J試合情報】

セレッソ大阪vs川崎フロンターレ 11月10日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・C大阪対川崎の通算19試合ではC大阪が6勝5分8敗と負け越している。前回対戦ではC大阪が2-1で勝利を挙げた。

 ・C大阪は川崎戦直近3試合で2勝(1敗)。これ以前の同カードでは5試合勝ちがなかった(3分2敗)。

 ・C大阪は直近6試合でわずか1勝(2分3敗)。ホームでは現在4試合連続未勝利(1分3敗)。また、ヤンマースタジアム長居では現在無得点で3連敗中。

 ・C大阪はホームでの前年度覇者との対戦直近5試合でわずか1勝(4敗)。同対戦の直近11試合でも2勝しか挙げていない(2分7敗)。

 ・川崎は現在7試合連続無敗(5勝2分)。同一シーズン内の連続無敗記録としては、昨季終盤に記録した15試合連続以降でベストの記録(当時11勝4分)。

 ・川崎はオープンプレーからの得点が今季リーグ最多(41点)。得点の79%を同状況から挙げている。対するC大阪は、同失点がリーグで3番目に少ない(21点)。

 ・丸橋祐介は今季DF登録選手の中ではリーグトップの6得点を挙げている。このうち4点をペナルティエリア外から決めており、同エリアからの得点数は山中亮輔と並び今季リーグ最多タイ。

 ・車屋紳太郎は今季アシストを記録していない選手の中で最多のパス本数を記録している(1,861本)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】セレッソ大阪vs川崎フロンターレ 11月10日