2018.11.6 13:45

PLは過大評価されている?イブラヒモヴィッチ「25歳のオレだったら…」

PLは過大評価されている?イブラヒモヴィッチ「25歳のオレだったら…」

PLは過大評価されている?イブラヒモヴィッチ「25歳のオレだったら…」

PLは過大評価されている?イブラヒモヴィッチ「25歳のオレだったら…」【拡大】

 元マンチェスターUのズラタン・イブラヒモヴィッチは、プレミアリーグが過大評価されていると話した。

 2016年夏にマンチェスター・Uに加入し、2018年3月まで同クラブでプレーしたイブラヒモヴィッチ。デビューシーズンから全公式戦で28ゴールをマークし、リーグカップ、ヨーロッパリーグのタイトル獲得に貢献するも、膝靭帯断裂の重傷を負い、それ以降は本来の実力を発揮できないままアメリカへと飛び立った。

 メジャーリーグ・サッカーのLAギャラクシーで活躍を続けるイブラヒモヴィッチは、イギリス『フォー・フォー・トゥー』でマンチェスター・U時代を振り返り、プレミアリーグでの戦いは想定していたよりも難しいものではなかったと話した。

 「俺には異なる国、異なるクラブでの経験があった。多くの人は“イングランドで失敗すれば君の能力は十分ではないと常に言われ続けるから、イングランドに行く必要はない”と助言してくれた。誰もがあの移籍に反対していた。でも、それがモチベーションとなり、アドレナリンが涌き出した」

 「プレミアリーグを気に入っている。モチベーションが高く、エキサイティングなリーグだ。それに多くの注目を集めている。しかし、クオリティに関して言えば過大評価されているように感じた。個々のクオリティやテクニック面でそう感じた。ただ、ペースはかなり速い。仮に最高の選手であっても、リズムやペースをつかめなければ成功できないだろう」

 また、マンチェスター・Uでプレーした当時を振り返った。「ユナイテッドに加われたことは最高に誇れることで、最高にハッピーだ。最適なクラブだった。素晴らしい時間を過ごせ、最高の思い出がある。それにいつまでもユナイテッドに愛着がある。サポーターもアメージングで、キャリアの中でとても大切な時間だった」

 「イングランドにいるときにも言ったが、俺が10年前にここにいなくて君たちはラッキーだった。なぜかって? 35歳であれだけのことをやったんだから、仮に25歳の俺が来たらどうなるか想像してみてくれ」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. PLは過大評価されている?イブラヒモヴィッチ「25歳のオレだったら…」