2018.10.31 21:24

先発大幅入れ替えの鹿島がC大阪下しACL圏浮上! 20歳・小田がプロ初ゴール

先発大幅入れ替えの鹿島がC大阪下しACL圏浮上! 20歳・小田がプロ初ゴール

先発大幅入れ替えの鹿島がC大阪下しACL圏浮上! 20歳・小田がプロ初ゴール

先発大幅入れ替えの鹿島がC大阪下しACL圏浮上! 20歳・小田がプロ初ゴール【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第31節が31日に行われ、鹿島アントラーズがセレッソ大阪を1-0で下し、暫定でACL圏の3位に浮上した。

 11月3日に鹿島がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦を戦うため、ミッドウィーク開催となった一戦。鹿島はACLへ向けてメンバーを大幅に変更。前節から7人を入れ替えて臨む。久保田和音が今季リーグ戦初出場、20歳の田中稔也や小田逸稀といった若い選手がスタメンに名を連ねた。一方アウェイに乗り込んだC大阪は、前節からスタメンは1名のみ変更。遠のくACL圏に再び近づくために勝利を目指した。

 日本代表の森保一監督も視察に訪れた注目の一番は、まず5分に鹿島が形を作る。町田浩樹が左からクロスを上げると中で合わせたのは山口一真。ヘディングシュートを放ったが、惜しくも枠を外してしまう。

 鹿島がボールを握る展開が続くなか、C大阪も17分に杉本健勇と水沼宏太のコンビネーションから最後は杉本が狙ったが、シュートはポストに直撃。先制のチャンスを逃した。

 41分にも高木俊幸の左クロスに柿谷曜一朗がフリーで合わせたが、GKクォン・スンテのファインセーブに阻まれた。

 すると後半、試合が動く。鹿島は52分、CKのチャンスを得るとキッカーは永木亮太。ニアサイドへボールを送ると、待っていた小田がヘディングシュート。ライン際でGKキム・ジンヒョンがファンブルするような形になってしまうと、主審はゴールラインを割ったと判定。ホームの鹿島がセットプレーから待望の先制点を奪った。

 鹿島に先制を許したC大阪は、68分に高木が得意のカットインからゴールを狙うが、これはGKクォン・スンテがストップ。80分にもソウザのFKに杉本が頭で合わせたが、これもGKクォン・スンテのセーブに遭ってしまう。ACL準決勝でスーパーセーブを連発した鹿島守護神の牙城を崩すことができない。

 一方の鹿島もカウンターから山口が決定機を迎えたが決められず。追加点こそ奪えなかったが、課題の守備を無失点で抑えきり、1-0でタイムアップ。一足早く31試合を消化した鹿島が勝点を49に伸ばし、暫定でACL圏の3位へ浮上している。鹿島は3日にACL決勝のホーム第1戦で、イランのペルセポリスと対戦する。

 ■試合結果

 鹿島アントラーズ 1-0 セレッソ大阪

 ■得点者

 鹿島:小田逸稀(52分)

 C大阪:なし

(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 先発大幅入れ替えの鹿島がC大阪下しACL圏浮上! 20歳・小田がプロ初ゴール