2018.10.30 09:03

マフレズ決勝点! トットナムに競り勝ったマンCが首位堅持

マフレズ決勝点! トットナムに競り勝ったマンCが首位堅持

マフレズ決勝点! トットナムに競り勝ったマンCが首位堅持

マフレズ決勝点! トットナムに競り勝ったマンCが首位堅持【拡大】

 現地時間29日、イングランド・プレミアリーグは第10節が行われ、マンチェスターCは敵地でトットナムと対戦した。

 すでに試合を消化しているリバプールと再び勝ち点で並ぶべく、勝利が欲しい首位のシティ。一方、リーグ4連勝で調子を上げてきた5位トットナムにとっても試金石となる一戦だが、試合会場となるウェンブリー・スタジアムではNFLの試合が行われた直後で、ピッチ上にはアメフトのラインがほぼほぼ残っており、芝の状態もボコボコの状態となっていた。

 この劣悪なピッチコンディションの中で、先手を取ったのはアウェーのシティ。開始わずか6分、GKエデルソンのロングキックをキーラン・トリッピアーが後逸してしまい、抜け出したラヒーム・スターリングがペナルティーエリア内左をえぐって折り返す。これにトップスピードで走り込んできたリヤド・マフレズが合わせてあっさりとシティが先制する。

 その後もシティが立ち上がりの主導権を握って優位に試合を進め、クリスティアン・エリクセンがベンチスタートのトットナムはなかなか反撃の手立てが見つからない。しかし23分、バンジャマン・メンディのトラップミスから、右サイドを抜けたムサ・シソコがペナルティーエリア内に侵入。最初の決定機を得るが、分かりやすい折り返しは戻ったDFにブロックされた。

 トットナムはさらに34分、ハリー・ケインが競ってこぼれたボールを受けたエリック・ラメラが、ケインにラストパス。完全に抜け出すが、ファーストタッチが大きくなったところを接触を恐れずに飛び出したGKエデルソンにブロックされ、決定機を逸してしまう。

 シティの1点リードで迎えた後半、前半同様にシティが先にチャンスを作り出す。55分、マフレズからのパスでペナルティーエリア内右に侵入したベルナルド・シウヴァの折り返しはファーポストにいたダビド・シルバにはわずかに合わず、スターリングのシュートはブロックされる。これにはジョゼップ・グアルディオラ監督もベンチを蹴って悔しさをあらわにした。

 追加点の欲しいシティは71分、セルヒオ・アグエロに代えてケヴィン・デ・ブライネを投入。トップの位置にはD・シルバが入った。一方、追いつきたいトットナムは67分にエリック・ダイアーを下げてハリー・ウィンクスを投入し、75分にはムサ・デンベレに代えてデレ・アリを投入。

 すると80分、高い位置でマフレズからボールを奪ったデレ・アリがドリブルで持ち上がり、ゴール前でラストパス。ペナルティーエリア内右に走り込んだラメラは押し込むだけだったが、この絶好機をゴール上へとはずしてしまう。

 直後にルーカス・モウラに代わってエリクセンを投入し交代枠を使い切ったトットナムがシティを押し込む時間帯となるが、ラメラの絶好機以上のチャンスは作れない。

 89分、D・シルバに代わってヴァンサン・コンパニを投入し守備を固めたシティは、さらにアディショナルタイムでマフレズに代えてガブリエル・ジェズスを投入。トットナムの猛攻をしのぎきり、敵地で貴重な勝ち点3を手にして首位を堅持した。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. マフレズ決勝点! トットナムに競り勝ったマンCが首位堅持