2018.10.29 10:01

千葉監督「勝って残留決める」 マイナビ仙台零敗…降格圏9位で次節最終戦/東北スポーツ

千葉監督「勝って残留決める」 マイナビ仙台零敗…降格圏9位で次節最終戦/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
敗戦後、サポーターに頭を下げる千葉監督(手前)とイレブン (撮影・葉山理)

敗戦後、サポーターに頭を下げる千葉監督(手前)とイレブン (撮影・葉山理)【拡大】

 サッカー・プレナスなでしこリーグ1部第17節最終日(28日、ユアテックスタジアム仙台)マイナビベガルタ仙台レディースはホーム最終戦で、ノジマステラ神奈川相模原に0-2で敗戦。残留争いのライバル、日体大FIELDS横浜が勝利したため、試合前の8位から2部との入れ替え戦に回る降格圏の9位に後退。自力での残留決定がなくなった。

 試合後に行われたセレモニー。千葉泰伸監督(47)は「このような結果になってしまい、大変申し訳ない。選手たちは常に、最善を尽くしてくれた」と声を振り絞った。

 攻め込みながらも得点できず、ミスから失点を重ねる。攻守にかみ合わない戦いが続いている今季を象徴するような試合だった。

 前半は2トップのFW安本、浜田を起点にサイド攻撃を呼び込み、チャンスを何度も作った。しかし、ゴール前で精度を欠いて決めきれない。すると同35分、元なでしこジャパンの相手FW大野にミドルシュートをねじ込まれ、先制を許した。

 後半は最終ラインと中盤が間延びしてしまい、効果的な攻撃を仕掛けることができず。1週間で3試合目というハードスケジュールの影響もあって足が止まり、ロスタイムに追加点を許した。

 最終戦となる次節は、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースとのアウェー戦(11月3日、味の素フィールド西が丘)。千葉監督は「必ず勝って、残留を決めたい」と悲壮感を漂わせた。 (葉山理)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 千葉監督「勝って残留決める」 マイナビ仙台零敗…降格圏9位で次節最終戦/東北スポーツ