2018.10.28 01:53(1/2ページ)

リバプール、マネ2発などでカーディフ粉砕 次節アーセナル戦に弾み

リバプール、マネ2発などでカーディフ粉砕 次節アーセナル戦に弾み

リバプール、マネ2発などでカーディフ粉砕 次節アーセナル戦に弾み

リバプール、マネ2発などでカーディフ粉砕 次節アーセナル戦に弾み【拡大】

 リバプールは27日、プレミアリーグ第10節でカーディフ・シティをホームのアンフィールドに迎えた。

 勝ち点で首位マンチェスターCと並ぶ2位リバプールと、ここまで1勝2分け6敗で17位のカーディフが対戦。リバプールのクロップ監督は、4-0で勝利した水曜日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のレッドスター・ベオグラード戦から選手を変更した。ジョー・ゴメス、ロバートソン、シャチリに変えてロヴレン、アルベルト・モレノ、ララーナを起用している。

 試合は10分という早い時間帯にリバプールが先行する。右サイドのクロスから正面のサディオ・マネ、ワイナルドゥムが立て続けにシュートに持ち込む。いずれもDFのブロックに遭ったが、最後はルーズボールをサラーが押し込んでリードを手にした。

 さらに13分にもリバプールに決定機。右サイドからサラーがインスウィングに入れたクロスに対して、攻め上がっていたファン・ダイクが頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートは右ポストに跳ね返される。

 ハーフタイムにかけてもリバプールがボールを支配して相手を押し込む。しかし、カーディフも集中を維持して守備で奮闘。リバプールはアディショナルタイムにモレノのクロスからララーナがヘディングシュートを枠内に飛ばしたが、これはゴールライン上のモリソンにクリアされて、1-0のまま前半を終えた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. リバプール、マネ2発などでカーディフ粉砕 次節アーセナル戦に弾み