2018.10.26 07:55

ウルヴスに岡崎慎司獲得のススメ 前線の手駒不足に英メディアが提言

ウルヴスに岡崎慎司獲得のススメ 前線の手駒不足に英メディアが提言

特集:
岡崎慎司
ウルヴスに岡崎慎司獲得のススメ 前線の手駒不足に英メディアが提言

ウルヴスに岡崎慎司獲得のススメ 前線の手駒不足に英メディアが提言【拡大】

 ウルバーハンプトン・ワンダラーズが来冬にレスター・シティの岡崎慎司を獲得すべきだとイギリス『The Boot Room』が伝えた。

 今シーズンからプレミアリーグで戦うウルバーハンプトンは9試合を終えて現在9位。しかし、ここまでリーグ戦での得点数は9点のみと攻撃陣に不安を抱えており、ヌーノ・エスピーリト・サント監督が1月の移籍市場で新たなストライカーを求めているとイギリス『テレグラフ』が報じていた。

 そんな中『The Boot Room』は、ウルバーハンプトンが契約すべき理想的なストライカーとして岡崎の名前を挙げる。「プレミアリーグでの経験が豊富な32歳は、2015-16シーズンにプレミアリーグ優勝を成し遂げたレスターにおいて重要な役割を担った」とプレミアリーグ4シーズン目を過ごす日本代表FWについて言及した。

 また、岡崎が今シーズン出場機会を得られていないことにも触れ「ジェイミー・ヴァーディとケレチ・イヘアナチョの控えに甘んじ、40分しかプレーできていない。さらにシーズン終了後にクラブとの契約が切れる」と1月の移籍市場でレスターから退団する可能性があると予想。

 そして「非常に高い運動量と献身的なプレーを見せるセンターFWは、チームメイトを活かすプレーを得意としており、ウルブスのスタイルにマッチする。ヌーノにとって貴重なオプションになり得る」と岡崎の獲得に乗り出すべきだと提言した。

 ストライカーの獲得を熱望するウルバーハンプトンは、同メディアが推すように1月の移籍市場で岡崎の獲得に動くのだろうか。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. ウルヴスに岡崎慎司獲得のススメ 前線の手駒不足に英メディアが提言