2018.10.26 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】ハリル前監督が掲げた「体脂肪12%以下」は難題!?

【乾坤一筆】

ハリル前監督が掲げた「体脂肪12%以下」は難題!?

特集:
ハリル監督解任
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
バヒド・ハリルホジッチ氏

バヒド・ハリルホジッチ氏【拡大】

 手前みそだが、53歳にしてダイエットに成功した。昨年末の102キロから現在81キロ。軽快に動けるようになったことだけは間違いない。

 ダイエットのきっかけは今年1月、中国・上海郊外で行われたサッカーのU-23アジア選手権の取材。料理が口に合わず、あまり食べなかった。そして練習場までの約1キロの距離を連日、歩いた。すると2週間で8キロも減った。帰国後もカロリー制限とウオーキングで体を絞り、減量と同時に体脂肪も27%から15%に減った。

 バヒド・ハリルホジッチ元日本代表監督(66)は、代表選出の基準に「体脂肪12%以下」を掲げたことがあった。12%以上は準備不足、戦う準備ができていないというわけだ。

 昨年10月の国際親善試合では、合宿初日に選手の体脂肪を計測。GKやDF陣に12%を超える選手が続出した。ある代表選手は「次の代表までに走り込みますよ」と笑ったが、別の選手は「体脂肪がある程度あった方が対人に強いのではないか…」と戸惑っていた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【乾坤一筆】ハリル前監督が掲げた「体脂肪12%以下」は難題!?