2018.10.16 12:55

イングランド指揮官、スペイン撃破の若きチームを絶賛「勇敢さに満足」

イングランド指揮官、スペイン撃破の若きチームを絶賛「勇敢さに満足」

イングランド指揮官、スペイン撃破の若きチームを絶賛「勇敢さに満足」

イングランド指揮官、スペイン撃破の若きチームを絶賛「勇敢さに満足」【拡大】

 イングランド代表のギャレス・サウスゲート監督は、スペイン代表を撃破した選手たちを「勇敢だった」と称賛した。

 15日に行われたUEFAネーションズリーグでイングランド代表は敵地でスペイン代表と対戦。前半のうちにラヒーム・スターリングが2ゴール、マーカス・ラッシュフォードが1ゴールを挙げて3点のリードを奪う。後半には反撃に遭い、2ゴールを許すもイングランド代表が3-2で勝利した。

 試合後、サウスゲート監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューでチームを称賛している。

 「選手たちは自らのパフォーマンスに誇りを持つべきだ。特に前線の選手たちは最高のプレーを見せ、相手に多くの脅威を与えた。そしてその頑張りがチーム全体に勇気を与えてくれた。我々は本当によくやった」

 「相手にポゼッションを握られた中でも、若い選手たちは本当に成熟したパフォーマンスを見せてくれた。大きなプレッシャーにもよく耐えていた。今日のプレーを選手たちには誇らしく思ってほしい」

 過去59年間で、平均年齢が最年少のチームでスペイン代表戦に挑んだイングランド代表。ボールポゼッションはわずか27%で、シュート数でも5対23とスタッツの上では大きな差がついたが、サウスゲート監督は勇敢に戦えたことが勝利につながったと話した。

 「90分間ディフェンスに徹していればこのような結果を得られなかった。だから我々はボールに対して勇敢にプレーする必要があった。前線の3人は脅威となってくれた。スペインのプレスに対処することは難しかったが、上手く切り抜けた後に大きなカウンターのチャンスにつながった。プレーの質と選手の勇敢さに私は非常に満足している」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. イングランド指揮官、スペイン撃破の若きチームを絶賛「勇敢さに満足」