2018.10.13 19:42

日本代表にも勝機あり?ウルグアイメディアが韓国戦の敗因分析

日本代表にも勝機あり?ウルグアイメディアが韓国戦の敗因分析

特集:
森保JAPAN
日本代表にも勝機あり?ウルグアイメディアが韓国戦の敗因分析

日本代表にも勝機あり?ウルグアイメディアが韓国戦の敗因分析【拡大】

 ウルグアイ代表は12日、韓国代表と親善試合を行い1-2と敗れた。この敗戦を同国メディア『SUBRAYADO』が分析している。

 12日に韓国との親善試合に臨んだウルグアイ。ルイス・スアレスやホセ・マリア・ヒメネスを欠いたものの、エディソン・カバーニやルーカス・トレイラら今夏のロシア・ワールドカップで主力を務めた選手たちを起用した。しかし66分に失点すると、一時マティアス・ベシーノのゴールで同点に追いついたが、79分に追加点を奪われて1-2と敗れている。

 『SUBRAYADO』は、この試合の敗因を分析している。

 「守備面で低調だった。頻繁に起こることではない。(オスカル)タバレスのチームはいつも通り守備的なアプローチだった」

 「序盤は両者にチャンスがあったが、韓国はよりボールを保持し、ハイプレッシャーでウルグアイを窒息させた。(韓国は)より勝利を望み、それが結果に反映された」

 また、「2人の価値は非常に高かった。ヒメネスとスアレスを欠いていた」と、攻守の要を欠いたことも敗因の1つであるとしている。

 FIFAランキング5位の強豪ウルグアイだが、タバレス監督は「リニューアル中だ」と語っており、4年後のカタールW杯へ向けてチームを再建中だとしている。16日には埼玉スタジアム2002で日本代表と対戦するが、サムライブルーにも十分に勝機があるのかもしれない。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 日本代表にも勝機あり?ウルグアイメディアが韓国戦の敗因分析