2018.10.13 09:09(1/2ページ)

今後10年日本代表を支えるCBへ…冨安健洋「ポジティブに反省を」

今後10年日本代表を支えるCBへ…冨安健洋「ポジティブに反省を」

特集:
森保JAPAN
冨安健洋
今後10年日本代表を支えるCBへ…冨安健洋「ポジティブに反省を」

今後10年日本代表を支えるCBへ…冨安健洋「ポジティブに反省を」【拡大】

 弱冠19歳で日本代表デビューを飾った冨安健洋。謙虚な姿勢を貫く若武者は、今後10年以上サムライブルーを支えるCBに成長できるのだろうか。

 森保ジャパンは12日、キリンチャレンジカップでパナマ代表と対戦。前半終了間際に南野拓実が先制点を奪うと、後半には2ゴールを追加して3-0と快勝。前回のコスタリカ戦に続き、3得点無失点と見事な結果を収めている。

 森保一監督体制でA代表に初招集され、パナマ戦が代表デビューとなった冨安。先発は直前のミーティングで伝えられたと語る19歳DFは、「緊張かどうかも分からないくらい頭がボーッとしてという状況だった」と、試合前には緊張で頭が真っ白だったという。

 それでも、「始まってしまえば思ったよりも体が動いて、すんなりゲームに入ることができたので、まぁ良かったかなと思います。なんでだかは分からないけど、試合が始まる前までボーッとしていたというか、今までにない感覚だった。不安でしかなかったけど、始まってみると意外にも入れたのでホッとしています」

 そして「槙野(智章)さんもそうですし、色々な先輩方からどんどん思い切ってやれと声かけてもらって。槙野さんは常に試合中も声をかけてくれていましたし、楽しんでやれと言ってくれたので、おもいきってできました」と先輩から助言があったことを明かしている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 今後10年日本代表を支えるCBへ…冨安健洋「ポジティブに反省を」