2018.10.13 05:04(1/2ページ)

南野、香川からトップ下奪うん弾!森保J初陣から2戦連発

南野、香川からトップ下奪うん弾!森保J初陣から2戦連発

特集:
森保JAPAN
南野拓実
2戦連続ゴールを決めた南野はピッチに膝から滑り込み、存在をアピールした(撮影・甘利慈)

2戦連続ゴールを決めた南野はピッチに膝から滑り込み、存在をアピールした(撮影・甘利慈)【拡大】

 キリンチャレンジ杯(12日、日本3-0パナマ、デンカ)国際連盟(FIFA)ランキング54位の日本が同70位のパナマに3-0で快勝し、森保一監督(50)の就任後、2連勝を飾った。前半42分にトップ下で先発したMF南野拓実(23)=ザルツブルク=が先制ゴール。3-0で勝利した9月11日のコスタリカ戦に続いて2戦連発となり、今回メンバーを外れたMF香川真司(29)=ドルトムント=との定位置争いが激化した。日本は16日に同5位のウルグアイと埼玉スタジアムで対戦する。

 22・6度と冷え込んだ新潟を一発で熱くさせた。停滞ムードが漂う前半42分、南野が待望の先制。森保ジャパン初陣から2戦連発で、堂々と新エースに名乗りを上げた。

 「ちょっと攻撃の形がつかめてなくて、簡単なミスから危ない場面を作ったこともあった。その中で、1点とったらすごく楽になる。そういうチャンスを逃さず決めようと考えてました」

 今夏のW杯出場国で、独特なリズムをもつパナマに押されつつあった前半の終盤。中盤からMF青山の縦パスが南野へ渡った。DF1人をターンしながらかわしてGKと1対1になると、落ち着いて左足でニアサイドに流し込んだ。後半20分にはペナルティーエリア内に侵入して左足シュート。こぼれ球をMF伊東が押し込む追加点も演出して、同21分にお役ご免で交代した。

【続きを読む】

  • 南野(右)は鋭いターンから左足で決めた(撮影・蔵賢斗)
  • 試合を終え会見に臨む日本代表・森保監督=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 試合に勝ち、挨拶する原口(左)と槙野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 声援に応える日本代表・南野、佐々木=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)
  • 試合に勝ち、挨拶する長友=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、負傷してピッチを出る日本代表・伊東=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)
  • 後半、攻め込む北川(左)と柴崎=デンカスタ
  • 後半、競り合う日本代表・柴崎=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)
  • 日本のパナマ戦スタメン
  • 前半42分、南野の先制弾
  • 南野拓実・日本代表全成績
  • 日本のウルグアイ戦全成績
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 南野、香川からトップ下奪うん弾!森保J初陣から2戦連発