2018.10.12 22:03

【先制弾一問一答】南野、2戦連発も「簡単に相手にボールを奪われるところもあった」

【先制弾一問一答】

南野、2戦連発も「簡単に相手にボールを奪われるところもあった」

特集:
南野拓実
前半、先制点を決め喜ぶ日本代表・南野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)

前半、先制点を決め喜ぶ日本代表・南野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)【拡大】

 キリンチャレンジ杯(12日、日本3-0パナマ、デンカ)森保一監督(50)率いる日本代表(FIFAランキング54位)がパナマ代表(同70位)と対戦。日本はMF南野拓実(23)=ザルツブルク=とMF伊東純也(25)=柏=の2戦連続弾などで、ロシアW杯主力組との融合を図った一戦で見事白星を挙げた。

 以下、日本代表・南野の一問一答。

 --先制点を決めた

 「W杯までのサバイバルの中でチームの勝利に貢献したい、アピールしたいという気持ちがありましたし、今日はチームに貢献できてよかった」

 --W杯出場組も入ってきた中でサバイバルが厳しくなると思う。今日はどんなことを意識してピッチに立った

 「攻撃的なポジションでプレーしていたのでわかりやすい結果というのは自分たちも意識していましたし、チームの勝利にこだわろうとみんなで話してたので、今日は勝ててよかった」

 --チームの中、個人の中で課題は見つかったか

 「チームの中では前半の立ち上がりとかワタワタした部分があった。個人では簡単に相手にボールを奪われるところもあったので、もっと前を向いて仕上げていくところとか増やしていければいい」

 --ゴールシーンでは青山からいいボールがきた。受ける前の動き、受けてからの動き。どんなことを考えていたか

 「本当に青山さんからいいボールが入ったので、ターンしてゴールに向かうことはトラップする前から考えていましたけど、ゴールに繋げられてよかった」

 --ウルグアイ戦に向けて

 「強豪ですし次の試合もタフな試合になると思いますけども、勝てるようにしっかり準備していきたい」

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 前半、先制ゴールを決め原口と抱き合って喜ぶ日本代表・南野(左)=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・大橋純人)
  • 前半、FKを蹴る日本代表・南野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、攻め上がる日本代表・南野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、ゴールを決める日本代表・南野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、ゴールを決めた日本代表・南野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、FKを蹴る日本代表・南野=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、競り合う南野拓実=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、攻め込む南野(右)=デンカスタ
  • 前半、競り合う南野拓実=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・甘利慈)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【先制弾一問一答】南野、2戦連発も「簡単に相手にボールを奪われるところもあった」