2018.10.8 22:09

新天地初アシストの原口にハノーバー監督「嬉しく思う。彼にとって最初の一歩」

新天地初アシストの原口にハノーバー監督「嬉しく思う。彼にとって最初の一歩」

特集:
原口元気
新天地初アシストの原口にハノーバー監督「嬉しく思う。彼にとって最初の一歩」

新天地初アシストの原口にハノーバー監督「嬉しく思う。彼にとって最初の一歩」【拡大】

 ハノーバーに所属する日本代表MF原口元気は6日に行われたブンデスリーガ第7節シュツットガルト戦でアシストを記録し、3-1の勝利に貢献。アンドレ・ブライテンライター監督は試合後、そのパフォーマンスについて称賛している。

 今夏ヘルタからハノーバーへと渡った原口は、プレシーズンでの負傷もあって出場時間がなかなか伸びず、第5節ホッフェンハイム戦(1-3)、第6節フランクフルト戦(1-4)ではベンチにすら含められていなかった。しかし、シュツットガルト戦に先発出場した同僚のFW浅野拓磨が序盤に負傷交代を強いられると、原口に出番が訪れることに。

 そして、原口は後半アディショナルタイムにクロスを送り込むと、イラス・ベブーによるチーム3点目を演出。ブライテンライター監督は試合後、満足の様子をうかがわせた。

 ドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントでは、同監督は原口のプレーについて「長い間プレーしていなかったなか、たくさんの走りを求められた。それでも自分の力を見せてくれたことを私はうれしく思う。彼にとって最初の一歩となった」と語っている。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 新天地初アシストの原口にハノーバー監督「嬉しく思う。彼にとって最初の一歩」