2018.10.6 10:00(1/2ページ)

ベガルタ・椎橋、4連勝中ホームで6連敗中「浦和に勝つ」

ベガルタ・椎橋、4連勝中ホームで6連敗中「浦和に勝つ」

特集:
GO!ベガルタ仙台

 サッカーJ1で8位のベガルタ仙台は7日、ホーム(13時5分、ユアスタ)で6位の浦和レッズと対戦する。チームは5日、仙台市泉区の紫山サッカー場で約1時間半の練習。紅白戦でMF椎橋慧也(21)が主力組に入った。4試合ぶりのスタメン出場が濃厚で、連敗ストップとホーム5連勝を誓った。

 紅白戦で主力組のアンカー(中盤の底)に入った椎橋は攻守に駆け回った。自軍選手は全員が年上。それでも遠慮せず、大声で指示を飛ばした。

 リーグ戦直近3試合でスタメン落ちし、危機感を募らせていた。「すごくワクワクしている。ここでアピールできれば、次の出場にもつながる。個人としてもチームとしても(浦和戦は)大事な試合」と腕をぶす。

 チームはアウェー2連戦に連敗。渡辺晋監督(44)は「2試合続けて負けているのでメンバーの変更は当然、考える。椎橋はしっかりと走れて戦えるし、まだ若いがリーダーシップを取って周りを鼓舞できる。エネルギーやバイタリティでチームを盛り上げてほしい」。21歳の元気印に、再び上昇気流に乗せる役割を期待している。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ベガルタ・椎橋、4連勝中ホームで6連敗中「浦和に勝つ」