2018.10.4 10:00

【J試合情報】ベガルタ仙台vs浦和レッズ 10月7日

【J試合情報】

ベガルタ仙台vs浦和レッズ 10月7日

特集:
Jリーグ試合情報
GO!ベガルタ仙台

 ・仙台対浦和の通算21試合では、仙台が3勝7分11敗と大きく負け越している。仙台にとって浦和は、通算失点数が最も多い相手(48)。

 ・仙台は現在2連敗中。これ以前の6試合では1敗しかしていなかった(5勝)。

 ・仙台は浦和戦で現在6連敗中。この間の失点数は18(1試合平均3失点)。それ以前の今カード11試合では1敗しかしていなかった(3勝7分1敗)。

 ・浦和は現在、今季4月以来の3連勝中。順位も第3節に記録して以来、今季最高位の6位につけた。

 ・浦和は今季、先制点を奪った試合での敗戦率がリーグワースト(29%:14試合10勝4敗)。しかし現在は同状況となった試合で2連勝中(横浜FM戦、神戸戦)。

 ・仙台は今季リーグで唯一ペナルティエリア外から得点を挙げていない。対する浦和は同エリアからの失点がリーグで2番目に少ない(2点)。

 ・石原直樹は浦和に所属していた2015年からの2シーズンで、10試合出場(無得点)のうち50%(5試合)しか先発出場がなかったが、仙台に加入した2017年からの2シーズンでは出場59試合のうち、93%(55)で先発出場している(合計15得点)。

 ・興梠慎三は現在2試合連続得点中(合計3点)。これ以前の7試合では無得点に終わっていた。また仙台戦では現在5試合連続得点中であり(8点)、通算17得点を挙げている(対チーム別で最多)。

※ファクト内の数字はJ1での成績?

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】ベガルタ仙台vs浦和レッズ 10月7日