2018.10.4 10:00

【J試合情報】セレッソ大阪vsガンバ大阪 10月6日

【J試合情報】

セレッソ大阪vsガンバ大阪 10月6日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・C大阪対G大阪の通算35試合では、C大阪が9勝5分21敗と大きく負け越している。C大阪にとってG大阪は、通算敗戦数が最も多い相手。

 ・C大阪はG大阪戦で現在6試合連続未勝利(3分3敗)。今カード直近18試合でわずか1勝(5分12敗)。

 ・C大阪は直近7試合でわずか1敗(3勝3分)。また7月28日の仙台戦以降、現在9試合連続で複数失点を喫していない。

 ・G大阪はC大阪戦では現在18試合連続得点中。今カード通算35試合で無得点に終わったのはわずか2試合のみ(1995年5月、2003年7月:1試合平均2点)。

 ・G大阪は現在、2015年3月~4月以来の4連勝中(当時は6連勝)。またアウェイでも現在2連勝中。今節でも勝利を挙げると、同一シーズン内の敵地では2016年8月~9月以来の3連勝となる。

 ・C大阪は今季、ホームでの敗戦数がリーグベスト(2敗/13試合)。対するG大阪はアウェイでの敗戦数がリーグワースト(10敗/14試合)。

 ・杉本健勇はC大阪がG大阪戦で挙げた直近3得点をすべて決めている。セレッソの選手として、もっとも多く大阪ダービーで得点を記録しているのも同選手。

 ・ファン・ウィジョはJ1では現在自身最長の3試合連続ゴール。C大阪戦でも現在2試合連続得点中。同選手がJ1デビュー及び初得点を記録したのも、昨年7月29日のセレッソ戦。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】セレッソ大阪vsガンバ大阪 10月6日