2018.9.29 19:22

「結果の部分を一番欲していた」札幌MF三好康児、今季リーグ戦初ゴールで存在感

「結果の部分を一番欲していた」札幌MF三好康児、今季リーグ戦初ゴールで存在感

「結果の部分を一番欲していた」札幌MF三好康児、今季リーグ戦初ゴールで存在感

「結果の部分を一番欲していた」札幌MF三好康児、今季リーグ戦初ゴールで存在感【拡大】

 北海道コンサドーレ札幌が、ホームで連敗を2でストップ。ACL出場圏滑り込みへ価値ある一勝を挙げた。この試合で7試合ぶりに先発入りした三好康児が、札幌加入後リーグ初ゴールをマークした。

 29日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節で札幌はサガン鳥栖に2-1で勝利。直近2試合は無得点での2連敗だったが、ホームで2ゴールを奪取した。58分、ジェイが三好に鋭い縦パスを送ると、三好は巧みなトラップで振り向いて、PA内へ。冷静に左足で振り抜き、先制点を奪った。今季、川崎フロンターレからの期限付き移籍で加入した三好にとって、欲しかった結果をようやく手にできた。

 「やっぱり、結果の部分が一番重要なポジションですし、次の試合に向けても自信になるところなので、そこは良かったと思います」

 「良いプレーをしたとしても、結果の部分を一番欲していた」とゴールを求めていた三好。ゴールを決めて結果を出すことが自らにとっての「成長している要因」につながると続けた。

 その上で三好は「一勝できたのは自分たちにとって前向きなこと」とし、「中々勝ててなかった中で、踏ん張ることができたので、そこは自信につながった。次の試合に向けて良い気持ちになれると思う」と残り7試合に向けて価値ある一勝の重みを噛みしめていた。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 「結果の部分を一番欲していた」札幌MF三好康児、今季リーグ戦初ゴールで存在感